長徳寺沿革

○ 長徳寺沿革

○ 山号及び寺号:弘願山 長徳寺
○ご本尊:阿弥陀如来
○開山:永正年間(今から約500年前)
○宗派:浄土真宗本願寺派(西本願寺)
     開祖は親鸞聖人
○所在地:横浜市都筑区牛久保西3−9−1
     横浜市営地下鉄 センター北駅下車徒歩15分

○ 主な年間行事

行事
1月2日、3日正月会
4月第一土曜日永代経
8月13日、14日、15日盂蘭盆会
11月第三土曜日報恩講

新年を祝う正月会法要を参拝者と共にお勤めして一年が始まります。
4月の永代経法要は久遠に連なる生命を歓び縁あるものへの感謝を捧げる法要です。

8月の盂蘭盆会(お盆)法要。
15日夜には横笛法要が修行され、笛の調べと読経が醸し出す幽玄な雰囲気が参拝者に喜ばれています。
11月に行われる報恩講法要には住職のライブがあります。宗教的体験等を題材にしたオリジナル曲を中心に披露しています。

その他、音楽を使った瞑想会や、横笛とお経の声明コンサート、Neo踊り念仏とも言うべき歓喜のダンスパーティ「Dancing Buddhas」等々、各種イベントも開催されています。

○ 墓地の永代使用受付中 


PAGE TOP